記事の詳細

一時のザワザワから更なる強化へ!
オンラインカジノの入金と出金方法に関するまとめ
「ecoPayz(エコペイズ)」は必須になるか!?

先日の、ネッテラーとスクリルの日本向けサービスの撤退は、ウェブ上の沢山のサイトや2ちゃんねるを見ても、国内外問わず、オンラインカジノ業界の話題を独占していましたが、一時の天災の様な出来事から一転、各カジノの方向性がだいぶ見えてきました。

オンラインカジノは、ネット上でリアルマネーを賭けて勝負する「カジノ」ですから、その遊びには「お金」のやりとりがとても重要です。

オンラインカジノ企業とプレイヤーを繋ぐ、世界で一番利用されていた、ペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)の「ネッテラー(NETELLER)とスクリル(Skrill)」。

この2つが使えないとなると、オンラインカジノのプレイは、もう出来なくなる・・・。何かの圧力による物? オンラインカジノは終了なのか・・・?、とプレイヤーの皆さんは感じたはずです。

でも、情報を精査すると、意外とそういう事でもなさそうです。

そして、今回の日本人プレイヤーが入出金方法を失うという危機から、オンラインカジノ企業側は、更に強化されたサービスを提供できる様に動いている事がわかってきましたので、まとめます。

ネッテラーとスクリルが日本サービス終了をした背景

100%正確な情報はあるかはわかりませんが、ネッテラーとスクリルを提供しているペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)は、オンラインギャンブルが合法としっかり決まっている国に向けてだけ、サービスを提供する方向に変わったというのが背景の様です。

日本人を含め、人種を問わず、オンラインギャンブル合法国に居れば、合法なのですが、日本の場合は、賭博が違法行為となるので、拡大解釈をすれば違法となりますが、オンラインギャンブルに対する、しっかりとした法律の明記はありません。

という事もあり、ペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)は、日本を含め「グレー・違法国」サービスを停止し、ヨーロッパ各地の合法国へのサービスに専念する方針になったという見方が大勢です。

今後のオンラインカジノ各社の入出金状況

2016年8月16日に、ペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)からネッテラーとスクリルの停止の発表がありましたが、半月程度の9月1日現在で、オンラインカジノ各社は、他のペイメント会社と提携し、問題無くプレイが続けられるように対策をとっています。

9月1日現在で発表されているオンラインカジノ各社の状況


◎ ウィリアムヒルカジノ
もともと沢山のペイメントが入っていましたが、日本人が使っていたのは、主にネッテラーとスクリルでした。なので、現在は、変わる手段として、以下があります。

・ ecoPayz
・ entropay

更に、他の決済手段を導入する方針で進めている様です。


◎ ジパングカジノグループ
先日、発表がありましたが、新しい決済手段をネッテラーとスクリルが終了する9月15日までに導入予定。

・ ecoPayz
・ iWallet


◎ ワイルドジャングルカジノ
現在の独自決済手段ウェブアンク(webanq)が動いているので、引き続き利用可能。
それ以外に、ペイメントが増えるかは不明。


◎ ジャックポットシティカジノ・スピンパレスカジノ
先日以下の発表がありました。

入金で使える方法
・クレジットカード
・インスタントバンキング(Citadel)
・EcoPayz
・EntroPay
・直接銀行送金

出金で使える方法
・EcoPayz
・EntroPay

更に、プラスαのペイメントを現在準備しているとの事。


◎ インターカジノ・ベラジョンカジノ
先日以下の発表がありました。

入金で使える方法
・ クレジットカード(VISA)
・ インスタントバンキング(Citadel)
・ EcoPayz
・ iWallet
・ Venus Point

出金で使える方法
・ EcoPayz
・ i-wallet
・ Venus Point


◎ 888カジノ・bet365
これまで入金専用だったEntroPayが、引き出しも出来る様になる事からEntroPayで利用可能
それ以外に、ペイメントが増えるかは不明。


◎ モンテカルロカジノ・インペリアルカジノ
これまで入金専用だったEntroPayが、引き出しも出来る様になる事からEntroPayで利用可能
追加で、ecoPayzと、クレジットカード入金(VISAカード・マスターカード)が対応。


◎ カジ旅
新しい決済手段をネッテラーとスクリルが終了する9月15日までに「ecoPayz」が追加導入。

総括すると「ecoPayz(エコペイズ)」は必須

各社の発表などをまとめると、やはり共通して多いのは、これまでもサービスを利用しているカジノもいくつかあった「ecoPayz(エコペイズ)」と「EntroPay(エントロペイ)」。


ecoPayz(エコペイズ) 公式ウェブサイト

「ecoPayz(エコペイズ)」は、現在は日本語には対応していませんが、今回のオンラインカジノ企業からの需要に応え、日本語版のウェブサイトの開発や、日本語サポートの対応を開始するという情報があります。また、これまでのネッテラーやスクリルと同様に、ATMで引き出しができるカードが発行できる事もあり、ペイセイフ社(Paysafe Group Plc.)が終了するまでの1ヶ月という短い期間でも、各社導入が簡単な事から、ほとんどのオンラインカジノに導入される予想が立ちます。

現時点でも、ウィリアムヒルカジノやジャックポットシティカジノ・インターカジノ・ベラジョンカジノなど、大手カジノが導入している事から考えても、まず間違いないでしょう。


EntroPay(エントロペイ) 公式ウェブサイト

「EntroPay(エントロペイ)」は、これまで入金にしか対応していませんでしたが、今回の件をうけて、引き出しもできる様になるとの事ですので、需要が高まりそうですが、ATMで引き出しができるカードが無いのが難点です。

という事から、いくつもペイメントを持つのも有りですし、「ecoPayz(エコペイズ)」をメインに、今後の各カジノの動向を見て、追加を検討するというのも良いでしょう。


i-wallet(アイ・ウォレット) 公式ウェブサイト

インターカジノとベラジョンカジノに導入された、「i-wallet(アイ・ウォレット)」も、エコペイズ同様に、入金もできて、引き出しは、「iWallet Card(アイ・ウォレットカード)」を使って銀行ATMで利用できます。しかも、既に日本語に対応しているので、両サイトのプレイヤーであれば、利用すべきサービスですが、全体として考えると、他のオンラインカジノ企業へ導入されるかというのが、鍵となりそうです。

(追記)2016年9月13日に、ジパングカジノグループへの「i-wallet」の導入が決定しました。日本人利用者が多いジパンググループへ導入が決定したので、「i-wallet」も、他カジノへの導入が進むと予想されますので、必須と考えて良いでしょう。

ネッテラーとスクリルの撤退はプラス?

今回の急な撤退から、各社の動きを見ると、日本人プレイヤーには、以前よりもかなり多くの決済手段が増えそうな雰囲気になってきました。

ナンバー1企業として、もともと決済手段が沢山入っているウィリアムヒルで見ても、これだけのペイメントブランドが入っています・・・。でも、日本語対応などがされていなくて、全く知られていない会社だらけ。

これらの中から、このチャンスに乗じて、日本人向けマーケットに参入する企業が現れてくるでしょう。

まさに、ピンチをチャンスに・・・。という感じでしょう。

「ネッテラー(NETELLER)とスクリル(Skrill)」の撤退が、大きな圧力による物だったとしたら、こんなにすぐに他の策が出てくる訳もなく、オンラインカジノの締め出しがされていると思いますので、本当に、冒頭に説明した様な「一企業の方針転換」という所が正解と言えますね。


プロモーション情報に関する注意点
プロモーションには、期間がございます。しっかりと年月日を確認してご利用ください。
本配信は、告知日または情報内での告知日時のに有効な情報となります。

関連記事

各カジノとの限定お得企画開催中!当サイト経由で特別にお得になるボーナスです!
         
期間限定での開催になるので、気になるのがあったら早めに使ってね!
全部、ブラウザ上で動くフラッシュゲームなので、簡単に試せるよ!
   
もっと他のゲームも試してみたい方は、無料オンラインカジノゲームコーナーをどうぞ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

当サイト限定プロモーション

ページ上部へ戻る