follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第2回放送が公開されました。 今回は、変な顔したマッチョが登場して、舞台はサーカスという異様な雰囲気で出来ているプレインゴウの「GOLDEN TICKET(ゴールデンチケット)」。 チェリーカジノをはじめ、プレインゴウを導入しているオンラインカジノ内で人気が出ている「6☓6」のスロットです。 この「落ちゲー」でパーソナリティのマツキヨはどんなプレイを見せてくれるのでしょうか?

それでは、ゴールデンチケットのプレイが始まります。

【Vol.2 GOLDEN TICKET 前編】
街中で張られたテントにワクワクした記憶、みなさんはありますでしょうか? そんなテントで行われるサーカスをモチーフとしたスロット「ゴールデン チケット」。 連続的中でマルチプライヤー上昇!爆発した絵柄がワイルドに変身! ちょっと変わったスロットはそんなワクワクがいっぱいです!

今回のチャレンジは、1スピン2ドルで行われます。

ゴールデンチケットとは?

ゴールデンチケットは、縦でも横でもどのラインでも、3つ以上の同一絵柄が揃えば配当成立となるゲーム。 そして、消えた絵柄の中央に位置する絵柄が「ゴールデンチケット絵柄」となり他は消えます。 「ゴールデンチケット絵柄」はWILD絵柄となり、消えた部分には他の絵柄が上から落ちてくきます。 要するに落ちてきた絵柄と上手に絵柄が組み合わさって、どんどん連鎖していくと、配当もどんどん追加され、ボーナスも見えてくるゲームになります。

既に遊んでいる方は気がついたかと思いますが、プレインゴウの人気スロット「ムーンプリンセス」にかなり似たゲームシステムとなっているので、高額賞金が出まくっているムーンプリンセスが好きな人は、確実に合うゲームと言えます。

ボーナス獲得の流れ

ゴールデンチケットのボーナス獲得は、何か決まった絵柄がある訳ではなく、毎回のスピンでどこかの列に表示された「BONUS」という文字が全部見えると獲得となります。 マツキヨが上手に説明してくれてます。 まずスピン開始すると、絵柄が止まる前に、列にランダムに「BONUS」という文字が表示され止まります。

その後、絵柄が全て止まり、配当が獲得できたり、どんどん連鎖がはじまったりします。

この止まった際に、先程の絵柄が出る前の列が全て消えて「BONUS」が見えるとボーナス獲得となるわけです。 この辺りも、ムーンプリンセスとそっくりではありますが、ムーンプリンセスの場合は、リール上の全ての絵柄が消えないといけないので、どちらというとゴールデンチケットの方が簡単そうに思えます。

簡単には全部消えそうにありませんが、マツキヨが持っている「引き」でなんとか見せて欲しいものです。

連鎖しまくってボーナス獲得

開始から10スピン、全く良いところが無かったのですが、11スピン目で抜群の引きを見せます。 リール1・2・3のセンターラインに揃ったハット絵柄の3連配当を皮切りに、どんどん連鎖。 連鎖するとマルチプライヤーも同時に上昇していくので、意外と凄い配当が得られます。

マツキヨは、このスピンで、2ドルベットで、ベット額の22倍の配当44.7ドルをGET!。 センターの団長絵柄が消えていればボーナス獲得となったのですが・・・そこはそんなに上手くはいきません。 でもいつも通りの「余裕(4U)」は見せてくれました。

ゴールデンチケットのゲームルールはこんな雰囲気なので、後は、どんどん回してボーナスを獲得できるまで進めていくのみなので、マツヨキが引き当てるのを待つのみなのですが・・・。全くひけないままにスピン数はどんどん増加していきます。

そして、スピン数はついに117回目。トータル収支も−110.6ドルとなっている状態から逆転の一打が!!

117回・118回のスピンで爆裂!

117回目のスピンで、サーカスの団長とゴールデンチケット絵柄3つの4ライン絵柄などが揃って、一気に52.5ドルの配当を獲得。 これで収支は、-60.1ドルまで回復。

そして、118回のスピンで、待っていた瞬間がやってきました! ついに「ボーナス獲得」です! 一番下のラインに揃った、ハットの3連から、連鎖がどんどんつながって・・・

ボーナスの文字が入っているリール3・4・5の内、なんと2つのラインが全て消えて、ボーナス獲得です!

10ラウンドのボーナスを獲得となりました。

ゴールデンチケットのボーナスラウンドは、これまでのゲームリールとは違って、なんだかサーカスなどのイベントにある「射的」の様なイメージになります。

この5段に分かれた台の上に的となる絵柄が1段に5つづつ表示され、列に関係なく全ての絵柄の中で、同一絵柄が5つ以上出れば配当成立なります。

ゴールデンチケットのゲーム性としては、高額賞金を獲得するには、このボーナスラウンドでの絵柄連鎖しまくりと、追加ボーナスの獲得が鍵となりますが、今回のボーナスの結果は「ボーナス前の成立で24.6ドル+ボーナスでの配当57ドル」の合計81.6ドルで終了となりました。

大きな当選とはいえませんが、とりあえず前半戦の収支はプラスに回復!

次回の後半戦では、視聴者が見たいと思っている、激アツの高額配当を見せてくれるでしょうか?

後半戦は、連鎖しまくり、ボーナス出まくり!

そんなスロットとの闘いは後編へ!
マツキヨ命名「マッチョのフナコシ」が出ると当たりが止まる不思議現象にもめげず、プレイした結果はなんと驚くべきことに!!
これがマツキヨの実力なのか!?

前半戦を81.6ドルの勝利で終えたマツキヨは、勝負の後半戦に突入。 前半戦を見る限り、「GOLDEN TICKET」は、本当にムーンプリンセスと似た作りで、フリースピンにどんどん突入するスロットだという事はわかりました。 後は、マツキヨの引きの強さを見せつけてくれるかに期待です。

前半戦の勝負を118回のスピンで終えたマツキヨは、後半戦の119回目のスピンで「連続ボーナス獲得」。 早速引きの強さを見せてくれます。

それほど大きな賞金では無いものの、定番の「余裕(4U)」ポーズを決めてゲーム再開。 ここからしばらくボーナスは引けないものの、複数回のボーナスを引き当ててご満悦のマツキヨは、なんだか超ゴキゲン・・・。

そんなこんなで、スピンし続ける事、219回目。 スピン前に絵柄の背景に表示される「BONUS」という文字が全て見える事で、フリースピンに進むことができる「GOLDEN TICKET」で、全ラインに「BONUS」が表示。 更に、うまく連鎖が続いて、右端のラインで成立。 見た目的にもテンションの上がる当たり方でボーナスが当選しました。

そして、この後の246回目のスピンでも、4回目のボーナス獲得を達成し、そのままゲーム終了となり、結果は、174.2ドルのプラス。 前半戦と後半戦の勝負を両方共に黒字で終える事となりました。

沢山のボーナスを獲得できている割には、収支が少ないですが、2ドルベットの勝負という事と、ボーナス時の賞金が思うように高くならなかった事が原因と思われます。 これがうまく噛み合えば、何十万円の賞金が手に入るのですが・・・。

チェリバカ日誌 Vol.2の評価
3.4 ユーザー評価 (18 件)
参考になった
面白かった
プレイしたくなった
あなたの評価を教えてください!

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

カジノが好きで、カジノを目的に世界各地を旅するMonkey D. LUCY。主にテーブルゲームプレイヤーで、ブラックジャックや現地プレイヤーとテキサスホールデムで勝負する時間が最高の一時。カジノ王に俺はなる!

Published on Modified on

人気ランキング BEST5

新着
ハッピースター
第1位
ジャックポットシティカジノ
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
チェリーカジノ
第4位
10BetJapanカジノ
第5位
カジノエックス

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ