follow me

ジパングカジノ研究所主任研究員ブラザーKが、カジノゲームを検証するYouTube番組「ジパングカジノ研究所」。 第40回放送は、数字が少ない「ミニルーレット」で1000回の検証を行い、理論値ではヨーロピアンルーレットよりもペイアウト率が低くなるものの、数字への的中率が高くなる事での利点が調査しています。

【今回の検証内容】
ミニルーレットの1点賭けを1,000回プレイします。
ミニルーレットは0から12までの13個の数字が盤面に並べられています。
通常のヨーロピアンルーレットは0から36までの37個の数字が並べられているため、数字の数は約2.8分の1となります。
1点賭けの的中率は約7.69%
今回は6に賭け続け、的中率とペイアウト率を算出します。

【比較でわかる理論値】
ミニルーレットは数字が少なくなった分、インサイドベットの的中率が高くなっています。
ヨーロピアンルーレットの1点賭けの的中率は約2.7%に対してミニルーレットの的中率は2.8倍高い約7.69%になっています。
つまり、最も払戻倍率の高い1点賭けの的中が狙いやすいと言えます。
しかしながら、払い戻し倍率はヨーロピアンルーレットに比べて3分の1になっているため、理論上のペイアウト率はミニルーレットで96.15%、ヨーロピアンルーレットで97.3% ミニルーレットの方が低いのです。
確率論の観点から見れば、ミニールーレットよりもヨーロピアンルーレットをプレイした方が良いということになりますが、ミニルーレットにも良い部分は存在します。

詳細情報

カジノ業界で高みを目指すため、休日になるとカジノへ足を運び、テーブルに居座って能力向上を努力をしているAceです。主なプレイゲームは、ブラックジャック・バカラ・テキサスホールデム・カリビアンポーカーです。

Published on Modified on

人気ランキング BEST5

第1位
ベラジョンカジノ
第2位
チェリーカジノ
第3位
ビットカジノ 
第4位
ジャックポットシティカジノ
第5位
10BetJapanカジノ

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ