follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第13回放送の前編。 今回マツキヨが挑戦するのは、業界最高のライブカジノ「エボリューションゲーミング社(EVOLUTION GAMING)」のライブブラックジャックです。 常に熱い勝負が繰り広げられている人気テーブルゲームであり、美人ディーラーが多い事でも有名なライブシステム。 マツキヨは、しっかり勝負に徹してプレイする事ができるのでしょうか。

【Vol.13 前編 :ライブカジノ エヴォリューション ライブ ブラックジャック】
今回はライブカジノのブラックジャックをプレイ。
テーブルの多さにどこを選ぶか迷いつつも、結局はキレイなディーラーさんのテーブルを選択(笑)
幸運を味方につけ勝ち続けているマツキヨですが、今回は果たしてどうなるのやら?

ライブブラックジャックには、沢山のテーブルが用意されていますが、その中からマツキヨが選んだのは、ミニマムベット額20ドルのこのテーブル。そして、センターに陣取りました。

最初の勝負は、ディーラーの手札が10なので、勝負に出た結果、残念ながらバースト。

2回目の勝負からはお決まりの「ディーラー愛」が炸裂しながらの勝負で、良いカードとディーラーの悪い手に恵まれ、2連勝を達成。

そして、続く4ラウンド目には、ディーラーの手札が5に対して、マツキヨの手札に10が2枚きた所で、強気のスプリット作戦。 1つは15で、もう一つは21に収まる。そして、ディーラーは予想通りのバーストとなり80ドルゲット。

ここで調子に乗ったマツキヨは、ベット額を上げるもこれが失敗。連敗を喫してついには8ラウンド目で獲得賞金が振り出しに戻る。

そして、前半戦の最終勝負となる9ラウンド目で、40ドルベットで勝利し、とりあえず最低限の勝利という状況。

マツキヨの手札というよりは、ディーラーのバーストに恵まれた前半戦。 後半はマツキヨの怒涛の連勝となるのでしょうか。

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

ポーカーとブラックジャックをこよなく愛する旅人Vinsmock Sanji。最近のブームは、ヨーロッパのカジノでテキサスホールデムを楽しむ事。オールブルーをみつけようぜ!

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
チェリーカジノ
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
カジ旅    
第5位
ビットカジノ    

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ