follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第16回放送の前編。 今週のマツキヨは凄い。ネットエント社(NetEnt)の人気スロット「Lost Relics(ロスト リリックス)」で、「引きの強さ」を見せつけてくれています。 正方形タイプで、同一絵柄が繋がる事で配当成立となるこのスロットは、見た目だけでも、面白そう感が漂いまくっていますが、遊んで見ると、その爆発力の高さに驚かされます。

【Vol.16 前編 :スロット ロスト リリックス】
今回は遺跡のお宝を探すスロット「LOST RELICS」
珍しい正方形のスロットに挑みます。
3スピン目で30ドルのヒットを叩き出し、開始早々から好調さを醸し出すマツキヨ。
このままこのスロットを攻略して大勝ちへと突き進む事ができるのか?

とりあえず、いつも通りの2ドルベットで勝負をスタートしたマツキヨ。 たった3スピン目で中位絵柄の兜を沢山引き当てビッグウィンを獲得。

この後も、大当たりを次々と引き続けるマツキヨ。財宝探しの旅はまだまだ始まったばかりですが、既に「引きの強さ」が開花しています。 そして、ついに35スピン目でスキャッター絵柄が3つ表示され、フリースピンボーナス獲得。

フリースピンボーナスは、石版が壊されるミニフィーチャーが常に発動し、リールの下にある眠れる財宝が入った宝箱を見つけ出すという流れ。

マツキヨは、大中小ある宝箱の「中」を引き当て、追加スピン6回、固定ワイルド1個、コインウィン800枚を獲得。

良い流れはMAXで、通常スピンに戻ってからも、石版が破壊されるランダムフィーチャーで驚くほど沢山のボーナスを獲得。

フリースピン獲得とまではいきませんが、ワイルドが複数に転移して、ワイルドだらけに・・・

なんと、10100枚のメガウィンも獲得。 合計135.3ドルのプラス収支で前半戦を終了となりました。 後半戦は、コイン単価をもっと上げた状態でのメガウィンを魅せてほしいですね。

「Lost Relics(ロスト・レリクス)」はレビューコーナーでもご紹介中です。

【Lost Relics】ハマった時の爆発力は凄い。失われた遺跡から秘宝を探すというテーマのスロット「ロスト・レリクス」

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

オンラインカジノの歴史は、それほど深くないけど、だからこそ知らない人も多いのではないでは?私の趣味は世界を旅する事。いつか1億3000万ベリーの懸賞金と同じ位のジャックポットを当ててみたいわ。

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
チェリーカジノ
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
カジ旅    
第5位
ラッキーニッキーカジノ

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ