follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第16回放送の後編。 ネットエント社(NetEnt)の爆裂スロット「Lost Relics(ロスト リリックス)」に挑戦し、前半戦ではフリースピンボーナスで、コインウィンや追加スピン、固定ワイルドなど、絶好調でプレイを続けるマツキヨ。 世界中で高額勝利者続出中の名機で熱い勝負を繰り広げます。

後半戦は、89スピン目、収支104.3ドルからスタートです。

【Vol.16 後編 :スロット ロスト リリックス】
今回は遺跡のお宝を探すスロット「LOST RELICS」の後編。
前半で1スピン100ドルの賞金を得た勢いそのまま
後半はフリースピンを大量ゲット!!
スロットってこんなにも大きな賞金が獲得できるんですねw

後半の勝負も絶好調のマツキヨは、95スピン目で、通常停止のスキャッターと、石版が崩れて表示された場所に、スキャッター2個を獲得してフリースピンボーナスを獲得。 しかも、ワイルド2個と、コインウィンのおまけ付き。

このフリースピンボーナスでは、沢山の絵柄を揃えて、石版を崩すも、良い宝箱に恵まれず・・・。追加スピンやコインウィンを獲得するも、コイン5230枚と微妙な勝利で終了。

そして、121スピンでは、またまた石版が崩れてスキャッター絵柄が表示され、停止絵柄と合わせてフリースピン獲得。このボーナスの獲得方法が、「Lost Relics(ロスト・リリックス)」の魅力の一つではありますが、ここまで何度も表示されるのは、マツキヨの引きの強さの影響!?かもしれません。

このボーナスでは、見事にミディアム宝箱を獲得し、追加スピン3回・固定ワイルド1個・コインウィン1800枚を獲得。

この後も、スモール宝箱を獲得し、追加スピンを獲得するマツキヨ。 ラスト数回のスピンを残して、初のビック宝箱が少しだけ見えますが、全表示とはならず、ここで勝負終了。

それでは、絶好調で終わった勝負は214ドルの勝利となりました。

「Lost Relics(ロスト・レリクス)」はレビューコーナーでもご紹介中です。

【Lost Relics】ハマった時の爆発力は凄い。失われた遺跡から秘宝を探すというテーマのスロット「ロスト・レリクス」

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

ブラックジャック一筋のカジノプレイヤー「Mihawk」です。これまでの記録は、資金100シンガポールドルから、約12000シンガポールドルまで勝利した事。以降、マリーナ・ベイ・サンズが大好きで毎年必ずカジノ旅行をしています。

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
チェリーカジノ
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
カジ旅    
第5位
ビットカジノ    

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ