follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第20回放送の後編。 今回の放送も、プレインゴウ社(Play’n Go)の「Moon Princess(ムーンプリンセス)」の男版スロットで話題の「Rise of Olympus(ライズ・オブ・オリンポス)」勝負となります。 絶好調とまではいかないものの100ドル超えのプラス収支で推移した前半戦を終え、一撃ビックヒットの期待がかかる後半戦のスタートです。

【Vol.20 後編 :オンラインカジノ スロット ライズ オブ オリンパス】
前回に引き続きスロット「ライズ オブ オリンパス」をプレイ。
ベット額を上げて大きく勝負に出るものの、
なかなか引けないフリースピン。
しかし、最後の最後に上げたベット額の1スピンが
チェリバカ日誌史上最高の金額をたたき出しました!!
マツキヨが起こしたそのキセキをご覧あれ!!

後半戦最初の見どころとなったのは、136スピン目。オリンポスの怒りが貯まってチャンス到来。

しかし、全消しとまでは進むことができず、60.75ドルの賞金で終了。

一撃を狙うマツキヨは、ここでベット額を10ドルにアップ。そして、たった1スピンでいきなり結果を出します。 オリンポスの怒り発動。

全消し達成で、フリースピン獲得。10ドルベットの威力は凄く、この時点で既に365ドルの賞金獲得。さぁいくらまで伸びていくのかワクワクしますね!

今回のフリースピンは、ポセイドンを選択。追加スピンを獲得するなど、賞金がどんどん伸びて行きます!

更に絵柄はドンドン消えて、2000ドルオーバー達成。ムーンプリンセスも同じですが、このスロットルールの人気ポイントである爆発力をしっかりと魅せてくれています。

この後も、賞金はドンドン積み重なり、3826ドルのメガビッグウィンを獲得。ムンプリとライズ・オブ・オリンポスでの勝者が高額賞金を獲得しているパターンと同じ流れで、マツキヨも大勝利を掴みました。

ゲームの詳細はレビューをチェック。

【ムンプリファン必見】今度は神が主役!同じフォーマットを使用したスロット「Rise of Olympus」

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

オンラインカジノの歴史は、それほど深くないけど、だからこそ知らない人も多いのではないでは?私の趣味は世界を旅する事。いつか1億3000万ベリーの懸賞金と同じ位のジャックポットを当ててみたいわ。

Published on

注目の最新カジノ

人気ランキング BEST5

第1位
ベラジョンカジノ
第2位
カジ旅    
第3位
10Bet    
第4位
インターカジノ 
第5位
チェリーカジノ

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ