follow me

チェリーカジノTVのYouTube番組「チェリバカ日誌」の第22回放送の前編。 今回の前後半の勝負は、プレインゴウ社(Play’n Go)の怪しい雰囲気満載のスロット「ハウス オブ ドーム(HOUSE OF DOOM)」です。 同社のスロットは、割と萌よりのイメージが強いのですが、このスロットは、毛色がかなり違って、見た目も音楽もハードロックを貫いています。

【Vol.22 前編 :オンラインカジノ スロット ハウス オブ ドーム】
今回はロックなスロット「ハウス オブ ドーム」をプレイ。
怪しげな雷鳴と鐘の音にマツキヨはビクビク!
そんな状態で大丈夫なのか?と、思いきや
いきなりのメガウィンに大興奮!さっきまでのビビリはどこへやら。
ロックな音と同じくらいノリノリな前半戦です!!

とりあえず、1回のスピンのベット額2ドルで勝負をスタート。

ロックなサウンドと共に、怪しげな絵柄がどんどん表示されるスロット。 序盤から「地獄の門」や、頭蓋骨絵柄など、どんどん表示されるも、良い賞金には繋がらず、徐々に右肩下がりの展開でしたが・・・

リール1と5の両サイドにワイルド絵柄。更に、リール4に「地獄の門」が開いて、ワイルドだらけ状態に。 ビッグウィン獲得で、一撃100ドルを獲得。 収支も、-28.6ドルから一気に、+71.4ドルに回復。

ここからは、絶好調状態突入。 37スピン目で、頭蓋骨の絵柄が3つ表示。 フリースピンボーナスへも進む可能性がある「底なし沼の頭蓋骨ボーナス」を獲得。

しかし、結果はたったの12ドルで終了。

でも、こんな所で終わるマツキヨではありません。12スピン後には、再度「底なし沼の頭蓋骨ボーナス」を引き直し、今度は、「HOUSE OF DOOM」のロゴマークを引き当て、フリースピンボーナスを獲得。

このフリースピンボーナスが、どんな賞金になるのかは後半戦のお楽しみ。

ゲームの詳細はレビューをチェック。

ハードロックな新作スロット「HOUSE OF DOOM」底なし沼の頭蓋骨からフリースピンが激アツ。

詳細情報
ストックホルム市場に株式上場するスウェーデン企業が運営するチェリーカジノが待望の日本語化。ゲーミング業界の人気上位「ネットエント、ベットソン、ユグドラシルゲーミング」が、全てチェリーカジノのスピンオフという、想像するだけでも能力値の高さが伺えるオンラインカジノです。

カジノ業界で高みを目指すため、休日になるとカジノへ足を運び、テーブルに居座って能力向上を努力をしているAceです。主なプレイゲームは、ブラックジャック・バカラ・テキサスホールデム・カリビアンポーカーです。

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
ベラジョンカジノ
第2位
カジ旅    
第3位
10Bet    
第4位
チェリーカジノ
第5位
ジパングカジノ 

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ