follow me

ジパングカジノ研究所主任研究員ブラザーKが、カジノゲームを検証するYouTube番組「ジパングカジノ研究所」。 第62回放送は、倍々ゲームとして多くのプレイヤーに使われているシステムベッド「パーレー法」を検証しています。

【パーレー法とは】
パーレー法は連勝することで得られる払戻額が倍増するシステムベットです。
倍率2倍のゲームで有効で、勝って得られた払戻をそのまま次のゲームにベットします。
つまり、連勝が続くと賭け金が2倍ずつ増加していきます。

【今回の検証】
過去の検証ではバカラでパーレー法を使用しました。今回は同じ倍率2倍のヨーロピアンルーレットとシックボでパーレー法を検証します。
パーレー法は連勝が続く限りどんどんベット額が増加していきますので、やめ時を設定する必要があります。
今回は5連勝でやめる事とします。
これはVol.29~31にかけて異なる連勝数で検証を行った結果、5連勝で止めた時が最もペイアウト率が高かったことを元にしました。
ややオカルト的な決め方になりますが、信じてみようと思います。
2倍のベットにおけるヨーロピアンルーレットの勝率は約48.65%、シックボで約48.61%になります。
それぞれのゲームで1,000回ずつプレイし、ペイアウト率を算出します。

【パーレー法というシステムベットの特性】
パーレー法は勝って得た払戻をそのまま次のゲームでベットします。つまり、負けてしまうとそれまでの払戻し金は全てなくなり、
初期ベット額分マイナスになってしまいます。
つまり、途中で止めて利益を確定させない限り必ず負けてしまいます。
しかしながら予め決めた止め時に達するまでプレイを続けていると途中で負けてしまうということもしばしば。
またはもう1ゲームプレイしても勝てていたということも起こりえます。パーレー法は連勝数が1つ違うだけで払戻額に大きな差が生じます。
よって、止める連勝数の設定はとても難しいと言えます。
今回は5連勝で止めることとしましたが、『もし3連勝や4連勝、6連勝で止めていたらどんな結果になっていたのか』も計算しました。
これによって、とても興味深い結果がでました。

詳細情報

カジノ業界で高みを目指すため、休日になるとカジノへ足を運び、テーブルに居座って能力向上を努力をしているAceです。主なプレイゲームは、ブラックジャック・バカラ・テキサスホールデム・カリビアンポーカーです。

Published on Modified on

注目の最新カジノ

新着
ビットスターズ
新着
ラッキーカジノ

人気ランキング BEST5

第1位
ベラジョンカジノ
第2位
カジ旅    
第3位
10Bet    
第4位
ビットカジノ  
第5位
インターカジノ 

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ