follow me

ジパングカジノ研究所主任研究員ブラザーKが、カジノゲームを検証するYouTube番組「ジパングカジノ研究所」。 第65回放送は、バカラ1,000回プレイで「グッドマン法」を検証しています。

【今回の検証】
システムベットの1つ『グッドマン法』を検証するため、バカラを1,000ゲームプレイします。
グッドマン法は勝つと使用でき、初期ベット額を「1単位」として、連勝が続く限り
【1→2→3→5】という具合にベット額を上げていきます。4連勝すればグッドマン法は1セット終了となり、
4連勝できず、途中で負けてしまうと初期ベット額に戻します。
今回はわかりやすくなるように、初期ベット額を$1に設定し、バカラにおける倍率2倍のプレイヤーに賭け続けるものとします。

【グッドマン法の使用方法】
グッドマン法は倍率2倍のゲームで有効です。
初期ベット額を$1とした場合、まずは$1を賭けます。
勝つと次のベットは$2(払い戻された金額そのまま)をベットします。
その次も勝って2連勝したら、ベット額を$3にします。
3連勝すると最後は$5をベットします。4連勝するか、途中で負けた場合に初期ベット額に戻します。
グッドマン法はベット単位の推移から、『1235法』とも呼ばれます。

【よく似たシステムベット】
Vol.33で検証した『バーネット法』は別名【1326法】と呼ばれています。
グッドマン法とよく似ているシステムベットですが、ベット額の推移の違いで4連勝時の払戻し額や
途中で負けた場合の収支額に違いが生まれます。
両者共に2連勝できればその後負けたとしても収支がマイナスになることはありませんが、
4連勝した場合の収支額はバーネット法の方が大きくなります。
しかしながら、途中で負けた場合、2連勝できなかった場合にリスクを抑えることができるのが
グッドマン法になります。
グッドマン法はリスクを抑えながら、数少ない4連勝のチャンスを逃さずに大きなプラス収支を狙うことができます。

詳細情報

オンラインカジノの世界は簡単な様で、ちょっとした専門知識が必要。そんな知識を、初心者にでも簡単に理解できる様にお届けするのが私Brookの役目です「ヨホホホホ。パンツ見せてもらっても よろしいでしょうか?」ww

Published on Modified on

人気ランキング BEST5

第1位
カジ旅    
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
カジノシークレット
第5位
ラッキーカジノ 

トレンドニュース