follow me

ジパングカジノ研究所主任研究員ブラザーKが、カジノゲームを検証するYouTube番組「ジパングカジノ研究所」。 第39回放送は、連勝する事で、発動可能な「イーストコーストプログレッション法」をバカラの1000回勝負で検証。 初期ベット額に戻す利益確定タイミングでベストなポジションは何連勝目になるのか勉強しましょう。

【今回の検証内容】
連勝時に得た利益の半分をプールしながらベット額を上げていくのがイーストコーストプログレッション法です。
まず2連勝するのを待ちます。2連勝したら、その連勝で得た利益をそのまま初期ベット額に上乗せしてベットします。
その次も勝つと、得た利益の半分を手元に残し、前回のベット額に残りの半分を上乗せして賭けます。
例)初期ベット額$1の場合
・2連勝するまでは初期ベットを続ける
・2連勝すると利益は$2になる
・次のゲームでその$2を上乗せした$3をベット
・勝つと$6が払い戻され、利益は$3になる
・次は利益$3の半分$1.5を前回のベット額$3に上乗せしてベットする($4.5ベット)
バカラでプレイヤーに1,000回ベットし続け、ペイアウト率を算出します。

【連勝が必須のシステムベット】
イーストコーストプログレッション法は連勝しなければ使うことができません。
連勝の波に乗った際により大きな払戻を得ようということが狙いのシステムベットなのです。
しかも4連勝以上しなければまとまった利益が発生しません。
バカラにおけるプレイヤーの連勝確率は以下の通りです。(引き分けを考慮しない場合)
2連勝 約24.38%
3連勝 約12.04%
4連勝 約5.95%
5連勝 約2.94%
6連勝 約1.45%
連勝数が増えるほどその確率も大きく下がります。
そして、連勝途中で負けるとベット額が上がっているため、手元に残る利益も多くありません。
そこで今回はやめ時を設定し、検証することにしました。
4連勝と5連勝で初期ベットに戻して利益を確定させるプレイを500回ずつ行い、何連勝でやめるのが
良いのか調べます。

詳細情報

カジノ業界で高みを目指すため、休日になるとカジノへ足を運び、テーブルに居座って能力向上を努力をしているAceです。主なプレイゲームは、ブラックジャック・バカラ・テキサスホールデム・カリビアンポーカーです。

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
チェリーカジノ
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
カジ旅    
第4位
ジャックポットシティカジノ
第5位
ビットカジノ  

トレンドニュース

掲載中のオンラインカジノ