Connect with us

ネットエント社(Netent)から、昔の映画で見たような、どこか懐かしさを感じるレトロなスロット「Hotline(ホットライン)」がリリースされました。 「Hotline(ホットライン)」は、レトロなテレビ番組や、人気映画からインスピレーションを感じて作られた、80年代のマイアミをイメージしたスロットとなっています。 ゲーム内のデザインやサウンドを感じながら、80年代へとプレイヤーを誘ってくれます。

スロット概要

「Hotline(ホットライン)」の物語は、2人の男性刑事が、宝石や銀行強盗などを行う女性を追うストーリーとなっています。 高額配当絵柄は、3人の人物で、低額配当絵柄は、宝石3種となっています。

リールは、「3☓5」タイプで、ペイラインは「30個」で、リール1からの配当成立が対象となります。

「Hotline」には、そのスロットタイトルにもある「ホットライン」というマルチレベルボーナスベット機能が搭載されています。 リール左側にある丸いアイコンがそれにあたります。 基本プレイでは、3つのラインのいずれか1つを必ずホットラインとして選択できます。 2つ以上のラインをホットラインに指定する場合は、追加ベット額必要となります。 例えば、2ラインを有効にしたい場合は、ベット額が2倍に。 3ラインで有効にしたい場合は、3倍となります。

ホットライン・リスピン

このスロットで特徴的な「マルチレベルボーナスベット機能」である、ホットラインに指定した箇所に、ワイルド絵柄が停止すると、リール全体を覆う拡大ワイルド絵柄に変化して、リスピンが開始されます。

このリスピン中に、新しいワイルド絵柄がホットライン上に出現すれば、以前のワイルドを保持したままで、再度リスピンがスタートとなります。 これが連続すると、全ての絵柄がワイルドになる可能性があるので、高額賞金に繋がるのですが、なかなか1ラインのみをホットラインでは、厳しいものがあります。 なので、これを全ワイルドでの一撃を狙う場合は、ホットラインの有効ラインを増やしておく必要があります。

フリースピンボーナス

リール1・3・5にスキャッター絵柄が表示されると、フリースピンボーナスを獲得できます。

フリースピンボーナスの回数は「7回」。舞台は、泥棒の女性を2人の刑事が追うカーチェイスのシーンです。

フリースピン中にも、ホットラインリスピンが発動するので、やはり通常スピン時から、ホットラインを最低でも2つは有効にして勝負したい所です。

最近のアクション盛々のスロットと比較すると、好き嫌いが分かれそうなスロットではありますが、80年代のシーンに触れながら、一度体験してみると、意外とハマってしまうかもしれませんよ(^^)

遊べるオンラインカジノ

以下のカジノで、「Hotline(ホットライン)」が楽しめます。

カジ旅
シンプルカジノ
カジノミー
ベラジョンカジノ
インターカジノ
10Bet
カスモ
チェリーカジノ
ラッキーカジノ
ギャンボラ
ビットカジノ
カジノゴッズ
スロッティベガス
カジノシークレット
ラッキーニッキーカジノ
ビットスターズ
ジョイカジノ
カジノエックス
カジノデイズ
ハッピースター
888カジノ

※上記、Netent社導入カジノになります。
※各カジノの先行リリース及び、導入日時・導入採択に違いがある場合がございます。


Hotlineの評価
3.7 総合評価
3.8 ユーザー評価 (34 件)
期待値・演出
設定・仕様
爆発力
あなたの評価を教えてください!

オンラインカジノの歴史は、それほど深くないけど、だからこそ知らない人も多いのではないでは?私の趣味は世界を旅する事。いつか1億3000万ベリーの懸賞金と同じ位のジャックポットを当ててみたいわ。

Published on Modified on

人気ランキング BEST5

注目
マネキャッシュ  
注目
カジノデイズ   
第1位
カジ旅     
第2位
10Bet Japan   
第3位
ベラジョンカジノ
第4位
カジノミー   
第5位
スロッティベガス  

トレンドニュース