follow me

スロット概要

クイックスピン社(Quickspin)から、2016年のスロット「The Wild Chase」の後継スロット「Wild Chase Tokyo Go(ワイルド・チェイス・トウキョウ・ゴウ)」がリリースされました。 前作のマルチプライヤーやボーナスステージという構成とは変化した、変動ペイラインと、継続固定スピンで配当増加がある連続配当が魅力のゲームになっています。 東京が舞台となったゲーム背景には、「コンタクト」や「グリル」「銀行」など、東京の街並みをイメージされています。

前作の「The Wild Chase」を知らない方は動画でチェック。

ゲームスペック

登場絵柄は、ロゴマークのワイルド絵柄を筆頭に、登場人物4名が高額絵柄で、低額絵柄に宝石やワインなど5種類の絵柄が並びます。

リリース日:2019年9月24日
リール数:5リール×3・3・4・4・5行
ペイライン:76〜259ライン
ベット幅:0.2〜100
RTP(還元率):96.54%
ボラティリティ:MED/HIGH(4/5)
Max win:2,757x

配当成立で再スピン&ペイライン増加

「Wild Chase Tokyo Go(ワイルド・チェイス・トウキョウ・ゴウ)」は、配当成立が継続する事が重要なスロットになります。 まずは、「3・3・4・4・5行」のペイライン76本という状態でのスピンで配当成立があれば・・・

配当成立した絵柄はそのまま固定されたまま、リール行が「3・4・4・5・5行」、ペイライン90本に変化して再スピンが行われます。 ここで配当成立があれば、そのまま次のステップに進みます。

更に配当成立が継続すると、リール行が「4・4・5・5・5行」、ペイライン154本。 次は、リール行が「4・5・5・5・5行」、ペイライン164本と、再スピンと勝利金が積み上がっていきます。

そして、リールが「5☓5」状態になり、ペイラインが最大の259本となると、最も重要な4回目の再スピンとなります。 このスピンで配当成立が継続すると、ボーナスステージ突入です。

スーパー再スピン

これ以上、リールもペイラインの成長もなくなった状態で配当成立となると、ボーナスステージである「スーパー再スピン」が発動します。

これまでは、配当成立した後でも、リール1が消えてしまうので、配当成立絵柄が減ってしまう状態でしたが、スーパー再スピン中は絵柄の減少はありません。 配当成立絵柄がリスピンで追加表示され続ける限り、リスピン継続と1スピン毎に配当が得られます。

キャラクター絵柄で「スーパー再スピン」に突入してくれれば、毎スピンで大きな配当が入ってくるので、一撃BIG WINの魅力も十分にあります。 何より、ベット金額を使わずに、再スピンできる機会が豊富なので、回していての不安は少ないスロットです。

遊べるオンラインカジノ

以下のカジノで、「Wild Chase Tokyo Go(ワイルド・チェイス・トウキョウ・ゴウ)」が楽しめます。
ベラジョンカジノ
インターカジノ
カジ旅
シンプルカジノ
ラッキーカジノ
ギャンボラ
カジノエックス

近日中に入荷予定のカジノ
チェリーカジノ
カジノシークレット
ビットカジノ

Wild Chase Tokyo Goの評価
3.8 総合評価
3.5 ユーザー評価 (2 件)
期待値
ボーナス演出
爆発力
あなたの評価を教えてください!

オンラインカジノの歴史は、それほど深くないけど、だからこそ知らない人も多いのではないでは?私の趣味は世界を旅する事。いつか1億3000万ベリーの懸賞金と同じ位のジャックポットを当ててみたいわ。

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
カジ旅    
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
ラッキーカジノ 
第5位
シンプルカジノ  

トレンドニュース