JOC限定の特別ボーナス

30ドル
入金不要ボーナス
最高1000ドルボーナスやFS
最大3回
いきなりボーナスステージ
最大500ドルボーナスやFS250回
25回
入金不要フリースピン
賭け条件無しで、スピン単価125円
66ドル
登録特典ボーナス
キャッシュバック最大500ドル
合計250回
賭け条件無しの2つの特典
花魁ドリームとバカラで使える
3,000円
入金不要ボーナス
総額100,000円のウェルカムボーナス
50回
Money Train 2 賭け条件無し
最大1,000ドル&フリースピン
40ドル
入金不要ボーナス
最大200,000円&フリースピン200回
35ドル
入金不要ボーナス
最大1,400ドルの入金ボーナス

ほかにも特典提供カジノが盛りだくさん

【2月4日まで🔥ライブカジノ戦】総額320万円が用意された遊雅堂の2月トーナメント6種に注目。

2月の遊雅堂は、バレンタイン杯を含む、スロット3戦、ライブカジノ2戦、テーブルゲーム1戦を予定。普段の遊びのついでに参加

【2月28日まで🔥総額100万円超え】上位50名が入賞のプレインゴウ・トーナメント。合計ラウンド数を高めて優勝を目指せ❗

賭けっ子リンリンで開催のプレインゴウ・トーナメントが開幕。人気のムーンプリンセスやリアクトゥーンズなど、人気スロット達が

初心者はこちらをチェック。How to オンラインカジノ

オンラインカジノの事をよく知らない。そもそもどんな物なのか、はじめ方も遊び方がもよくわからない・・・という方は、まずは、勉強する所から始めましょう。 オンラインカジノに興味を持つという事は、世界最大のカジノ&エンターテーメントシティ「ラスベガス」や、それを脅かす程の成長を遂げている「マカオ」、建物自体が国のアイコン的存在でもあるシンガポールのカジノホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」などに行った事があったり、ある程度の予備知識がある方が多いのではないでしょか?
基本的には、それらの楽しみ方と全く同じ遊び方ができる環境やシステム構築・整備がされているので全く心配はいりません。 後は、インターネットサービスならではの、流れや入出金方法を理解すれば良いだけ。 ネット環境のサービスより、リアルの方が簡単でシンプルな面は沢山ありますが、逆に、オンラインサービスだからこそ提供されている、リアルサービスにはない特典も沢山あります。 雑誌のページの様に紹介していきますので、順番に読んで理解していきましょう。

オンラインカジノとは?

時は、1995年。日本で、iモードなどの携帯電話のウェブサイトが登場し、IT系企業に携帯サービスの会社がどんどん増加していった、インターネット高速化・黎明期に、世界で初めてインターネットを介して遊ぶことができるカジノとして「オンラインカジノ」が誕生しました。
これまでは、日本から近い場所では「韓国ソウル・パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」や「テニアン島・テニアンダイナスティーホテルカジノ」、世界では「ラスベガス」や「マカオ」「ヨーロッパの各地」に行かなかれば遊べなかったカジノゲームを、どこからでもパソコン一つで楽しめる様になりました。
そして、時代は移り変わり、スマートフォン時代に突入した事で、その遊び方は一気に広まりました。誰でも持ち歩いているスマートフォンで、アプリゲームを遊ぶように、世界中のどこからでも、オンラインカジノのウェブサイトにアクセスして、賭けが可能になったのです。
システム開発と回線が4Gやwifiに進化すると共に、リアルタイムにディーラーとのプレイができる様になり、ランドサービスと全く変わらない遊びが実現しています。
簡単にわかりやすく言うと、オンラインカジノは、「スマホの課金ゲームアプリ」と同じ。違いは、お金が稼げる可能性がある点でしょう。

なぜ世界中で人気が高いのか?

アメリカやヨーロッパを中心に、世界中で人気が高いオンラインカジノが流行っている理由は、とにかく簡単に遊べる上、提供されているゲームが面白いからでしょう。 日本では、各地に営業されている「パチンコ・スロット」という賭博場がありません。 世界の賭博の多くは、「ブックメーカーが取り仕切る賭け対象に予想ベットするスポーツベット・カジノ・競馬・ドッグレース」に集約されます。 ブックメーカーの本場のイギリスでは、日本の宝くじ売り場の様な感じで、賭博場があちこちにあるんです。
そんなリアルに存在するギャンブルでされ、そこに足を運ばなければ楽しめなかった事が、家の中でも職場でも、移動中でも参加できるのですから、流行らない訳がありません。

スマートフォンで遊べる

投資という言い方をすれば違った印象がありますが、株や為替取引(FX)も、オンライン取引が開始されてから一気に参加者が増加した様に、オンラインカジノも同じ事が言えるのではないでしょうか。
それに加えて、他のギャンブルに比べて「ペイアウト率」が、平均95%と圧倒的に高いため、勝っているプレイヤーが多数いる事も理由でしょう。ラスベガスで出た高額賞金の記録の様に、オンラインカジノでも、ギネス記録の24億円を獲得した人もいます。オンラインもリアルも同じで、カジノが人々を惹き付ける魅力の塊なんでしょう。

オンラインカジノは正当な勝負?

オンラインカジノの事を全く知らない人は、「インターネット上のゲームなんて、結果を操作できるしイカサマなのが当たり前」と考えるのも当然かもしれませんが、それはシンプルに「無知だから」という言葉で終わりです。
実際に、遊んでみれば一瞬でわかりますが、テーブルを選び、リアルタイムにディーラーから配られるトランプや、回されるルーレットの玉を見れば、不正ができないのは丸わかりです。
ライブゲームのプロバイダによっては、実際に営業されているリアルカジノで、そこにいるプレイヤー達と共に参加できるシステムで稼働しているゲームもあります。これを不正と疑うなら、もうリアルサービスも不正という事にほかなりません。
賞金の当選が偶発的に発生する様に、ランダム・ジェネレーターというシステムで構築されている「スロット」も、リアルのスロットと仕組みは同じ。機種によって、ペイアウト率90〜96%に収束されて、賞金当選が発生します。これらのスロットの開発大手はラスベガスの実際のスロットの開発も行っています。
勝ちもあれば、負けもあるのがギャンブル。開発のゲーム企業やオンラインカジノの運営企業も株式上場企業が多く、毎月のゲーム結果の審査も第三者機関が入って厳しく行われます。不正があるなんて、業界が成熟した現代では皆無です。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノの仕組みを理解しておくと、安心してプレイする事ができます。 まず運営企業は、運営地の国から営業許認可を受ける必要があります。 これに通過すると、運営企業は、サービス開発に着手するのです。 現代のオンラインカジノのほとんどが、「餅は餅屋状態」になっています。 カジノ運営企業は、ウェブサイトに、各ゲームプロバイダのゲームが組み込まれた「ホワイトレーベル」のシステムを契約し、そのサービスの運営を行います。
真っ当な賭博が提供されているからこそ、運営企業は、自社で全てを作っていては、営業が成立しません。 なので、各分野は全て分業化された世界になっています。
ゲーム開発企業は、プレイヤーに人気が出るゲームの開発だけに集中し、オンラインカジノ企業に導入の営業を行う。 運営企業は、ゲームなどの動作や当選の有無は管理せず、集客やお金の管理だけに注力したカジノ運営を行う。 その二つを審査機関がチェックする事で、両者ともに信頼を保った営業を行う事ができます。
イギリスでは、日本の日経平均にあたる厳正銘柄の中に、オンラインカジノやブックメーカーを運営する企業が選定されています。 この様に、業界全体の仕組みを知ると、不正が無い事が理解できると思います。

オンラインカジノの運営許可

前出の様に、オンラインカジノ運営企業は、サービスを開始するために、国の運営許認可を得る必要があります。 その許可証(ライセンス)がないと、ゲームプロバイダや決済企業も契約をしてくれないので、必ず獲得が必要な物と言えます。
この許可証(ライセンス)にも、発行国による違いがあります。 沢山の発行国と発行団体が存在しますが、有名どころは以下になります。

 

●マルタ共和国:マルタゲーミング委員会(Malta Gaming Authority)
世界で最も審査が厳しく、取得が難しいのが特徴。 人気カジノの多くは、マルタで営業を行い、このライセンスを保有している事が多い。 マルタは、イギリス連邦の加盟国という事もあり、このライセンスを取得すると、自動で「英国賭博規制委員会(UK Gambling Commission)」の認可も得られます。

 

●イギリス領ジブラルタル政府
ジブラルタル・ライセンスも、審査が非常に厳しい事で知られており、資金力の強さと、確かな事業計画が求められます。 関連決済を、ジブラルタル籍の金融機関でしか行えない縛りがあったり、上納金の規定もあります。

 

●オランダ領キュラソー島:CURAÇAO EGAMING (キュラソー・イーゲーミング)
比較的審査が簡単で速い事で知られるカリブ海のキュラソー島の機関は、世界で最も古いライセンス発行機関です。 オペレーターやプロバイダーの全てのライセンスをカバーできるのが特徴的です。

 

他にも、カナダ:カナワケ、イギリス:マン島 、オーストラリア、フィリピンなど。

オンラインカジノの法律

リアルカジノと同じ様に、オンラインカジノも合法と明記されている国から遊べば確実に合法です。これとは逆に、中国の様にギャンブルを違法と明記している国もあります。この国においては、同国民が海外の合法国のカジノで遊んでも罪に問われる恐ろしい法律が定められています。 この様に、法律は各国によって千差万別で、世界のどこにいてもアクセスして遊ぶことができるオンラインカジノへの判断は難しいのが現状といえます。 日本では、パチンコ・スロット、競馬、オートレース、ボートレースなどの政府が認めた賭博以外に、賭博場を開く事が違法とされており、賭博に関する法律として「単純賭博罪」や「賭博開帳罪」があります。賭博場を開いた者の罪が「賭博開帳罪」で、参加していた者の罪が「単純賭博罪」です。 よくニュースになっている様に、賭博場の現場を押さえて、営業者と参加者の両方が居る事が立証となります。 これと同じで、店舗にパソコンを並べ、参加者にオンラインカジノを遊ばせた店舗運営者が、賭博開帳罪で摘発されたり、海外の企業を作ってオンラインカジノを運営していた大阪の企業が、運営の一部を大阪で行っていたとして、摘発された事例があります。実際に個人が海外のオンラインカジノをプレイして摘発された例としては、不起訴と罰金刑という結果があり、明確な規定が無い状態と言えます。

オンラインカジノ・ゲームの魅力

オンラインカジノが提供するゲームには、大きく分けると「スロット」と「ライブゲーム」の二種類に分類されます。 スロットは、スロット機種で大当たりを狙ってスピンするのが楽しさで、当たった際の一攫千金感が魅力。 ライブゲームは、カジノの王様と言われる「バカラ」や、日本人プレイヤーに人気のトランプゲーム「ブラックジャック」。玉の落ちる場所を予想する「ルーレット」などのテーブルゲームや、マネーホイールなどのアーケード系ゲームになります。
スロットには、各ゲームプロバイダによる趣向の違うクオリティの高いゲームが何千種類と揃っており、ライブゲームは、リアルタイムにディーラーが座るテーブル画面を開いて賭けを楽しむことができます。
これらのゲームに対して、オンラインだからこその魅力的な演出や仕様が組み込まれている事で、リアルとはまた違った魅力が詰め込まれています。

スロット・ビデオスロット

スロットには、チェリーとセブン・ベル・BARなどの絵柄が1リールや3リールに横並びになると配当成立になる、昔ながらのクラシックスロットや、グラフィックの演出モリモリで作られたビデオスロットがあります。 クラシックスロットは説明の必要もありませんが、ビデオスロットはオンラインカジノならではの革命と言えます。
最近では、ゲームセンターに並んでいるスロットや、リアルカジノにもビデオスロットが並んでいますが、これらの多くは同じ場合が多々あります。リアル機種の大手メーカーだったIGT社がオンライン向けを作りだしたり、オンライン機種の大手メーカーのネットエント社がリアル機種を作ったり・・・、基本技術が同じだから、融合が更なるクオリティを高める理由になっています。
オンラインスロットでは、プレインゴウ社のムーンプリンセスや、ゴールデンヒーロー社のパチスロ系ハワイアンドリームなど、人気タイトルが沢山排出されており、1万ドルを超える賞金が一撃で出る事も多々あります。この一撃での高額賞金獲得がビデオスロットの魅力と言えるでしょう。

ジャックポットスロット

なかなか出ないけど、出るといきなり億万長者の夢が叶う。そんな魅力が詰まったスロットが「ジャックポット搭載スロット」です。オンラインカジノで一番人気の機種は、マイクロゲーミング社の「メガムーラ」シリーズのプログレッシブ・ジャックポットです。
リセットされた状態で、100万ドル超えのジャックポット賞金となり、プレイヤーの賭け金に応じて、その金額がどんどん積立されていきます。過去最高額は、イギリス人の26歳男性が当てたギネス記録の約24億円。夢がありますね・・・。

バカラ・ブラックジャック・ルーレット

カジノゲームの一番の魅力は、ディーラーと小粋な会話を楽しみながら遊ぶ「テーブルゲーム」でしょう。 プレイヤーとバンカーのどちらが9に近い数字になるかを予想して賭ける、カジノの王様「バカラ」や、ホイールの周りを回転する玉がどの数字に落ちるかを予想して賭ける、女王「ルーレット」。 セガ社がゲームセンターに用意した事で日本人に大人気となった、21を目指してカードを引くトランプゲーム「ブラックジャック」は、小さい数字でも、ディーラーの数字がバーストすれば勝てるから予想と判断力が楽しめます。

ランドカジノでは、CGやマジックは使えないので、ゲーム本来の楽しみ方だけしかできませんが、オンラインカジノでは、”オンラインならでは”のゲーム仕様が組み込まれ、新しいジャンルのゲームとして楽しむ事もできます。

以下のエボリューション社のライブに代表される「ライトニング・シリーズ」は、ゲームルールは同じですが、演出によって、最大配当倍率が強化され、モチベーションが上がる工夫が仕込まれています。

マネーホイールなどのゲームショー

ランドカジノのマネーホイールは回転するホイールが止まる場所を予想して、そこに賭けていれば配当が得られるだけの単純なゲームですが、オンラインカジノでは、大きな進化がなされています。 特に人気の高い「クレイジータイム」は、ゲームショージャンルの最高傑作と言っても過言ではありません。

ホイールが停止した位置に賭けていれば配当が獲得できる事は同じですが、ホイールの中に作られた4つのボーナスゾーン「コインフリップ・パチンコ・キャッシュハント・クレイジータイム」では、ボーナス演出で、毎日1,000倍を超える配当が出まくっています。

テキサスホールデム・ポーカー

マインドスポーツとも言われるポーカーは、日本人のプロポーカープレイヤーが誕生するなど話題のジャンルです。 ディーラーが引いたカードでの成立を予想するだけのカリビアンスタッド・ポーカーもありますが、やはり人気なのは、プレイヤー同士が戦う「テキサスホールデム・ポーカー」。オンラインでは、ディーラーが引くカードとプレイヤー全員という仕様で勝負する形式もあれば、テーブルを囲んで、他のプレイヤーと戦うタイプもあります。
リアルな勝負では、相手の表情を見ながら、ブラフで勝負したり、コール・レイズを楽しめますが、オンラインでは、相手を見ることができないので、賭け方で性格を読んでいくなど、また違った心理戦が必要になります。
世界のプロポーカー・プレイヤーが、普段はオンラインのキャッシュプレイで腕を磨いて、世界大会に挑むとインタビューで応えている事例もあるので、プロを相手に戦う度胸や経験が試されます。

番外編:スポーツベット

オンラインで楽しめる賭け事という事で、オンラインカジノ内にも設置されている場合があるのが「スポーツベット」です。アメリカのメジャーリーグや、日本のプロ野球。JリーグやセリエA、プレミアリーグなどの世界のサッカーリーグをはじめ、テニス・バスケットボール・クリケット・ゴルフなど、メジャーからマイナーなスポーツまで70種類位上のスポーツイベントの試合結果を予想して、オッズに賭ける事ができます。

サッカーのワールドカップや、オリンピック、競馬の凱旋門賞などは、一番盛り上がるため、業界でも一大イベントになっています。スポーツ以外にも文化枠として、アメリカの大統領選挙の結果だったり、イギリス王室のウィリアム王子の子供の性別などが対象になった例もあります。

オンラインカジノの遊び方

銀行や投資先の口座開設をしたり、もっと簡単な事で言えば、通販サイトの会員登録になるなど、今や全てをインターネット上で完結してサービスを利用する時代。 オンラインカジノも同様に全てがインターネット上で完結します。 会員登録を行い、実際のお金を入金して、ゲームで遊ぶ。 そして、勝ったお金を引き出す。 スマートフォンの課金アプリが当たり前になった時代だからこそ、会員登録してゲームで遊んで、クレジットや決済手段を利用してお金を入金するというのは、違和感なく行えると思いますが、そこに勝利金の引き出しができるという、「儲け」が絡んでくる事で、専門的な準備や方法が必要になります。 それ程、難しい事ではありませんが、知識ゼロとイチでは大きな違いがあるので確認しておきましょう。

始める前に必要な準備

オンラインカジノのウェブサイトに訪れると、目立つように「会員登録」や「登録する」「今すぐ遊ぶ」という文字が記載されたボタンがあるので、そこから入って、名前やメールアドレス・住所などの必要事項を入力すれば、会員登録を完了させるのは誰でもできます。 昔は、全て英語で入力しなければいけませんでしたが、今はバイリンガルな時代なので、全て日本語での入力でよくなり、とても簡単になりました。
これだけを見れば、特に必要な事なんてないじゃんって思いますが、実は、準備しておかなければいけない事を知っていれば、この後で助かります。
オンラインカジノで遊んで、ゲームを楽しむだけでなく、勝利して資金を増やすこと。 できるなら高額賞金をGETする事がプレイヤー全員の目的です。 ギャンブルなので、常に勝率は約50%ですが、運良く目的の大勝を勝ち取って、引き出しをしようと思った時に、ほぼ全てのカジノで本人確認や住所認証の資料を求められます。
本人確認書類は、免許証などで良いので、いつでも準備できると思いますが、意外と必要な時に手元にないのが住所確認書類です。 光熱費の領収書が使えますが、捨ててしまっていて、タイミングによっては来月まで待たないといけない事も。 こうなると、折角の引き出したいお金もお預けになってしまいます。
他にも、決済手段の登録など、予め準備しておくと助かる事があるので、チェックしておきましょう。

オンラインカジノのボーナスを知る

リアルカジノには無い特典として、オンラインカジノにはボーナス制度が存在します。 ゲームアプリなどで、課金につなげるために、最初にガチャ券をプレゼントしてくれるのと似ているのが、ゲームの雰囲気を味わってもらうために、少額資金をプレゼントする「入金不要ボーナス」や、人気のスロットを回して楽しんでもらえる「無料フリースピン」といったタイプの物。
他にもガッツリ遊んでもらうために、資金力をアップさせられる「入金ボーナス」もあります。 入金ボーナスの多くは、入金額の同額をプレゼントして貰えます。 100ドルの入金を行えば、100ドルのボーナスをプラスして、合計200ドルで勝負を始められるので、シンプルにチャンスが増加します。

この様なキャンペーンが多数のオンライカジノで展開されていますが、ここで誰でも考えるのが「ボーナス貰って引き出せば、お金が倍に増える」という事。 単純にそのままゲームで遊ばず引き出されると、大赤字になってしまうので、ボーナスには「ある程度の遊び」が義務付けられています。これが「賭け条件」という物です。
軽い条件だったり、クリアが難しいレベルの厳しい設定の条件もあるので、受け取る前に確認が必須です。
この賭け条件を回避したいプレイヤーもいるので、オンラインカジノでは、先に条件をクリアした後にキャッシュをプレゼントする物や、負けた場合に資金の一部を戻すキャッシュバック企画も展開されています。

オンラインカジノを選ぶ

何かのサービスを選ぶ際に、最も重要なのは「自分に合う」という事でしょう。 日本で、パチンコ屋に入ってみると、置かれている機種に違いはありません。 人気機種はどこでも設置されているし、稀に店舗によって色があり、マイナーな機種がある程度。 こうなる理由は、お店は店舗運営をしているだけで、ゲーム機種はゲーム企業からの提供だからです。 これはオンラインカジノでも全く同じ。 レア物を沢山いれているサービス以外は、どこにでも同じゲームが入っています。

では、選ぶ際に何を見れば良いか、第一は「好きな雰囲気かどうか」。これが最も重要です。フィーリングは大切な要素です。 後は、プレイスタイルに合うキャンペーンが展開されているか、日本語サポートが充実しているか、使いたい入金・出金方法が導入されているか等でしょう。

注意するポイント

でも、雰囲気で選ぶには「安心で安全な中から」という前提条件が必要です。 当サイトは、2006年から長い間、業界を見続けてきた深い知識や、業界人との繋がりから得られる情報量の多さが強み。 多くの情報サイトは、危ない要素を含んだカジノでも、知らずに紹介している場合を見かけますが、当サイトでは回避可能。 摘発されたり飛んだサービスも情報を把握していたので、一切紹介をしておりませんでした。

安全性と信頼性を大事に紹介サービスを選んでいるので、ランキングなどを参考に選んでみてください。

オンラインカジノへの登録・入金・出金

色々と知識を得て、遊ぶオンラインカジノも決まったら、いよいよ会員登録を行って、実際のお金を入金して勝負に挑みましょう。登録は、前出の項目で説明した通り、日本語で「名前・性別・生年月日・住所・電話番号・メールアドレスなど」を入力してSMS認証するだけ。 これが終われば、当サイト経由で登録したプレイヤーへの限定キャンペーンなどで、入金不要ボーナスや入金不要フリースピンがプレゼントされるので、まずは使って試してみましょう。
雰囲気が掴めたら、次は本番です。 直接オンライカジノに入金する場合は、銀行送金やクレジットカード・仮想通貨を使って。 決済企業を使うなら、エコペイズやベガウォレット、スティックペイ、マッチベター、アイウォレットなどの人気ウォレットに口座を開設して入金しましょう。
ゲームをたっぷり楽しんで、見事に勝利を掴んだら、いよいよ出金です。直接自分の銀行口座に引き出す方法や、決済企業の口座に出金したり、仮想通貨のウォレットや取引所の口座に引き出したり、方法は色々あります。 こちらも前出で説明した通り、本人確認関係の必要書類(KYC)はきちんと準備しておくとスムーズに進みます。

必勝法・攻略法も学ぼう

テーブルゲームで遊ぶ場合は、古くからカジノゲームで勝負してきた先人達が編み出した「攻略法・必勝法」を勉強しておくと良いでしょう。 最も有名な手法として、負けると次の勝負で倍額を賭け、次に負けても更に倍額を賭けるという「マーチンゲール法」があります。 負けた場合は常に全ラウンドの倍額ベットで勝負するので、どこかのラウンドで勝てば、必ずスタートのベット額分の勝利が得られます。
リアルでは、テーブルのベット額上限の幅が低いので、連続敗戦が進むと倍額ベット額できない金額になり、このシステムベットは破綻してしまいますが、オンラインカジノでは、ベット額上限がかなり高いので、スタートのベット額を抑えれば20連敗でも十分に耐えられます。
他にも、マーチンゲール法の逆手法「バーレー法」や、高額利益論「ココモ法」、リスクを減らしながら利益を上げる「ウィナーズ投資法」、ダランベール法、ハーフストップ法、チャンピオンゲーム法、バーネット法、グッドマン法、モンテカルロ法など、沢山の攻略法があるので、頭に入れておくと勝負に役立つと思います。
スロットに関しては、こういった方法は、ありませんが、人気のゲームプロバイダ「ELK社」が提唱するベット戦略は参考になるかもしれません。

賞金トーナメントに参加しよう

リアルカジノに行くと、英語のポスターでデカデカと賞金トーナメントの掲示がされているのを目にしますが、どうやって参加したら良いのかも解らないし、少ないテーブルに少額資金のプレイヤーが参加を許されるのかビビってしまいます。 しかも参加するには、当日に現地に訪問し、開催期間中は、常に何日もその場に留まって勝負を続けなければ上位に入る事は不可能です。 それを生業にするプロなら別ですが、遊びの場合は、仕事など日々のスケジュールに適用するのは厳しいでしょう。
その点、オンラインカジノなら開催される賞金トーナメントも豊富ですし、資金力や現在地に左右される事なく簡単に参戦できてしまいます。 トーナメントには、各カジノが独自に展開しているタイプや、ゲームプロバイダが主催するタイプもあります。なかには参加者が少なく簡単に入賞賞金を獲得できるイベントもありますし、大型イベントになると、豪華旅行や高級車、高級食材、高額キャッシュ賞金、フリースピン、キャッシュスピン、チップなど、大量の賞品が用意されているので、モチベーション高く挑めます。
対象ゲームが決まっている場合がほとんどですが、普段のオンラインカジノゲームの遊びと共に参加できるので、ハードルが低いのも魅力です。

About JOC

オンラインカジノを健全に楽しんでいただく為、
カジノを愛する日本人に厳選した情報を提供しています。

オンラインゲームの世界で今一番注目されているオンラインカジノ。日本ではカジノ法案が可決したものの、まだランドカジノが無いため、深く知られていませんが、世界的な視点で見ると、数千万人が楽しむサービスとして、株式上場企業が誕生するなど、社会から広く認められた経済事業となっています。 提供している企業側も、日本語対応サービスの開発予算を増やし、日本人にも日本語での充実したサービス提供を行える様に日々進化し続けています。ランドカジノ同様にオンラインカジノも居住国の法律に則って遊べば、プレイヤーにとって最高のエンターテイメント以上の言葉は見当たりません。 当サイトは、その中において優良なサービスを参加者に届けたいという一心で情報を提供しております。