follow me

スロット概要

レッド・タイガー社(RED TIGER)から、時計をテーマにしたスロット「Wild O’Clock(ワイルド・オクロック)」がリリースされました。 幸運が舞い散る時として設定された「12時」に必ず発生するランダム・ワイルドリールで、高確率で勝利金が期待できるから、資金面から考えてもプレイしやすい機種になっています。

ゲームスペック

登場絵柄は、ワイルド絵柄とボーナス絵柄の他、高額絵柄に5種類の時計絵柄。 低額絵柄に、トランプスーツ4種類となります。

リリース日:2020年9月10日
リール数:6リール×4行
配当ライン:30
ベット幅:0.1〜500
RTP(還元率):95.69%
ボラティリティ:High(5/5)
MAX WIN:2,000x

ラッキー 12 O’Clock

このスロットの最大の特徴が「幸運の12時」。 1時からスタートし、1スピン毎に1時間進み、12スピン完了時の「Ⅻ(12時)」に発動するのが、「ラッキー 12 O’Clock機能」。 リールを全て覆うスーパーワイルド絵柄が、ランダムで停止。 運が良ければ、全てのリールがワイルドになる事も。

12スピン毎に必ず発生する「ご褒美」の様なスピンと、配当にワイルド絵柄が絡むと、必ず発生する「最大8倍のマルチプライヤー」の効果で、ボーナスゲームを獲得するまでの間の資金を安定的に確保できます。

クロックスピン

ベースゲーム中に、クロックスピン絵柄が3つ停止すると、フリースピンボーナス「クロックスピン」が獲得できます。

スピン回数は「12回」となります。

配当にワイルドが絡むと発動する「最大8倍のマルチプライヤー」はボーナス中も健在&パワーアップ。 ベースゲーム中は、そのスピンのみにしか適用されませんでしたが、フリースピン中は、1度獲得したマルチプライヤー倍数は固定。 更に、その後にマルチプライヤーを獲得できれば、そのまま倍率が足し算されます。

そして、12回のスピンの最後に待ち受けるのは、スーパーワイルドが登場する「ラッキー 12 O’Clock」。 ベースゲーム中とは違い、ワイルド停止のリスピンチャンスがあるので、より多くのワイルドを得られる可能性があります。

MAX WIN倍率は高くないスロットですが、ベースゲームの仕様と、ボーナス時の一撃を考えると、おススめしたい機種と言えます。

遊べるオンラインカジノ

以下のカジノで、「Wild O’Clock(ワイルド・オクロック)」が楽しめます。

カジ旅
シンプルカジノ
ベラジョンカジノ
インターカジノ
10Bet
カスモ
チェリーカジノ
ラッキーカジノ
ギャンボラ
ビットカジノ
カジノゴッズ
スロッティベガス
カジノシークレット
ラッキーニッキーカジノ
ビットスターズ
カジノジャンボリー
888カジノ

※上記、RedTiger Gaming社導入カジノになります。
※各カジノの先行リリース及び、導入日時・導入採択に違いがある場合がございます。


Wild O'Clockの評価
3.9 総合評価
4.3 ユーザー評価 (4 件)
期待値
ボーナス演出
爆発力
あなたの評価を教えてください!

オンラインカジノの世界は簡単な様で、ちょっとした専門知識が必要。そんな知識を、初心者にでも簡単に理解できる様にお届けするのが私Brookの役目です「ヨホホホホ。パンツ見せてもらっても よろしいでしょうか?」ww

Published on

人気ランキング BEST5

第1位
カジ旅    
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
インターカジノ 
第5位
スロッティベガス

トレンドニュース