JOC限定の特別ボーナス

150回
入金不要フリースピン
最大1000ドル&無料スピン
100回
入金フリースピン
最大500ドルボーナスやFS250回
66ドル
登録特典ボーナス
最大3000ドルの初回ボーナス
30回
入金不要フリースピン
最大5ビットコインやFS180
合計250回
賭け条件無しの2つの特典
花魁ドリームとバカラで使える
3,000円
入金不要ボーナス
総額100,000円のウェルカムボーナス
40ドル
入金不要ボーナス
選べるウェルカムボーナス
150回
入金不要フリースピン
総額500ドルのキャッシュバック付き
50回
入金不要フリースピン
最大1,000ドル入金ボーナス

ほかにも特典提供カジノが盛りだくさん

【ボンズの水曜日】バカラの8ミッションと、ブラックジャック5回獲得で最大20ユーロボーナス

ライブカジノを対象にしたボンズカジノのデイリーミッション。水曜日は、バカラとブラックジャックで遊ぼう。

【コンクエスタの水曜日】バカラとブラックジャックで最高15ドルの追加ボーナスが貰える。

コンクエスタドールカジノの水曜日限定のイベントに参加しよう。ライブ・バカラとライブ・ブラックジャックのペアミッション。

【7月21日まで】賞金総額2,000ドルのBetsoftサマーチャレンジ!最高配当倍率で最大1000ドル獲得。

ビットカジノで、Betsoftのゲームをプレイして総額2,000 USDTの中から賞金をゲット!

毎日フリースピン20回プレゼント。ビットカジノの夏のフリースピンフィエスタ

夏は、ビットカジノで毎日プレイしてフリースピン20回分をもらおう!

【総額3,000ドル抽選会】ベラジョンの7月キャンペーン。ベラガチャやコイン割増キャンペーンも。

ベラジョンカジノの7月企画。総額3,000ドルの抽選会やベラガチャ。平日はコイン増量ゲームでお得にコインを貯めよう。

初心者はこちらをチェック。How to オンラインカジノ

オンラインカジノの事をよく知らない。そもそもどんな物なのか、はじめ方も遊び方がもよくわからない・・・という方は、まずは、勉強する所から始めましょう。 オンラインカジノに興味を持つという事は、世界最大のカジノ&エンターテーメントシティ「ラスベガス」や、それを脅かす程の成長を遂げている「マカオ」、建物自体が国のアイコン的存在でもあるシンガポールのカジノホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」などに行った事があったり、ある程度の予備知識がある方が多いのではないでしょか?

基本的には、それらの楽しみ方と全く同じ遊び方ができる環境やシステム構築・整備がされているので全く心配はいりません。 後は、インターネットサービスならではの、流れや入出金方法を理解すれば良いだけ。 ネット環境のサービスより、リアルの方が簡単でシンプルな面は沢山ありますが、逆に、オンラインサービスだからこそ提供されている、リアルサービスにはない特典も沢山あります。 雑誌のページの様に紹介していきますので、順番に読んで理解していきましょう。

オンラインカジノとは?

時は、1995年。日本で、iモードなどの携帯電話のウェブサイトが登場し、IT系企業に携帯サービスの会社がどんどん増加していった、インターネット高速化・黎明期に、世界で初めてインターネットを介して遊ぶことができるカジノとして「オンラインカジノ」が誕生しました。

これまでは、日本から近い場所では「韓国ソウル・パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」や「テニアン島・テニアンダイナスティーホテルカジノ」、世界では「ラスベガス」や「マカオ」「ヨーロッパの各地」に行かなかれば遊べなかったカジノゲームを、どこからでもパソコン一つで楽しめる様になりました。

そして、時代は移り変わり、スマートフォン時代に突入した事で、その遊び方は一気に広まりました。誰でも持ち歩いているスマートフォンで、アプリゲームを遊ぶように、世界中のどこからでも、オンラインカジノのウェブサイトにアクセスして、賭けが可能になったのです。

システム開発と回線が4Gやwifiに進化すると共に、リアルタイムにディーラーとのプレイができる様になり、ランドサービスと全く変わらない遊びが実現しています。

簡単にわかりやすく言うと、オンラインカジノは、「スマホの課金ゲームアプリ」と同じ。違いは、お金が稼げる可能性がある点でしょう。

なぜ世界中で人気が高いのか?

アメリカやヨーロッパを中心に、世界中で人気が高いオンラインカジノが流行っている理由は、とにかく簡単に遊べる上、提供されているゲームが面白いからでしょう。 日本では、各地に営業されている「パチンコ・スロット」という賭博場がありません。

世界の賭博の多くは、「ブックメーカーが取り仕切る賭け対象に予想ベットするスポーツベット・カジノ・競馬・ドッグレース」に集約されます。 ブックメーカーの本場のイギリスでは、日本の宝くじ売り場の様な感じで、賭博場があちこちにあるんです。

そんなリアルに存在するギャンブルでされ、そこに足を運ばなければ楽しめなかった事が、家の中でも職場でも、移動中でも参加できるのですから、流行らない訳がありません。

スマートフォンで遊べる

投資という言い方をすれば違った印象がありますが、株や為替取引(FX)も、オンライン取引が開始されてから一気に参加者が増加した様に、オンラインカジノも同じ事が言えるのではないでしょうか。

それに加えて、他のギャンブルに比べて「ペイアウト率」が、平均95%と圧倒的に高いため、勝っているプレイヤーが多数いる事も理由でしょう。ラスベガスで出た高額賞金の記録の様に、オンラインカジノでも、ギネス記録の24億円を獲得した人もいます。オンラインもリアルも同じで、カジノが人々を惹き付ける魅力の塊なんでしょう。

オンラインカジノは正当な勝負?

オンラインカジノの事を全く知らない人は、「インターネット上のゲームなんて、結果を操作できるしイカサマなのが当たり前」と考えるのも当然かもしれませんが、それはシンプルに「無知だから」という言葉で終わりです。

実際に、遊んでみれば一瞬でわかりますが、テーブルを選び、リアルタイムにディーラーから配られるトランプや、回されるルーレットの玉を見れば、不正ができないのは丸わかりです。

ライブゲームのプロバイダによっては、実際に営業されているリアルカジノで、そこにいるプレイヤー達と共に参加できるシステムで稼働しているゲームもあります。これを不正と疑うなら、もうリアルサービスも不正という事にほかなりません。

賞金の当選が偶発的に発生する様に、ランダム・ジェネレーターというシステムで構築されている「スロット」も、リアルのスロットと仕組みは同じ。機種によって、ペイアウト率90〜96%に収束されて、賞金当選が発生します。これらのスロットの開発大手はラスベガスの実際のスロットの開発も行っています。

勝ちもあれば、負けもあるのがギャンブル。開発のゲーム企業やオンラインカジノの運営企業も株式上場企業が多く、毎月のゲーム結果の審査も第三者機関が入って厳しく行われます。不正があるなんて、業界が成熟した現代では皆無です。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノの仕組みを理解しておくと、安心してプレイする事ができます。 まず運営企業は、運営地の国から営業許認可を受ける必要があります。 これに通過すると、運営企業は、サービス開発に着手するのです。 現代のオンラインカジノのほとんどが、「餅は餅屋状態」になっています。 カジノ運営企業は、ウェブサイトに、各ゲームプロバイダのゲームが組み込まれた「ホワイトレーベル」のシステムを契約し、そのサービスの運営を行います。

真っ当な賭博が提供されているからこそ、運営企業は、自社で全てを作っていては、営業が成立しません。 なので、各分野は全て分業化された世界になっています。

ゲーム開発企業は、プレイヤーに人気が出るゲームの開発だけに集中し、オンラインカジノ企業に導入の営業を行う。 運営企業は、ゲームなどの動作や当選の有無は管理せず、集客やお金の管理だけに注力したカジノ運営を行う。 その二つを審査機関がチェックする事で、両者ともに信頼を保った営業を行う事ができます。

イギリスでは、日本の日経平均にあたる厳正銘柄の中に、オンラインカジノやブックメーカーを運営する企業が選定されています。 この様に、業界全体の仕組みを知ると、不正が無い事が理解できると思います。

オンラインカジノの運営許可

前出の様に、オンラインカジノ運営企業は、サービスを開始するために、国の運営許認可を得る必要があります。 その許可証(ライセンス)がないと、ゲームプロバイダや決済企業も契約をしてくれないので、必ず獲得が必要な物と言えます。
この許可証(ライセンス)にも、発行国による違いがあります。 沢山の発行国と発行団体が存在しますが、有名どころは以下になります。

●マルタ共和国:マルタゲーミング委員会(Malta Gaming Authority)
世界で最も審査が厳しく、取得が難しいのが特徴。 人気カジノの多くは、マルタで営業を行い、このライセンスを保有している事が多い。 マルタは、イギリス連邦の加盟国という事もあり、このライセンスを取得すると、自動で「英国賭博規制委員会(UK Gambling Commission)」の認可も得られます。

●イギリス領ジブラルタル政府
ジブラルタル・ライセンスも、審査が非常に厳しい事で知られており、資金力の強さと、確かな事業計画が求められます。 関連決済を、ジブラルタル籍の金融機関でしか行えない縛りがあったり、上納金の規定もあります。

●オランダ領キュラソー島:CURAÇAO EGAMING (キュラソー・イーゲーミング)
比較的審査が簡単で速い事で知られるカリブ海のキュラソー島の機関は、世界で最も古いライセンス発行機関です。 オペレーターやプロバイダーの全てのライセンスをカバーできるのが特徴的です。

他にも、カナダ:カナワケ、イギリス:マン島 、オーストラリア、フィリピンなど。

オンラインカジノの法律

リアルカジノと同じ様に、オンラインカジノも合法と明記されている国から遊べば確実に合法です。これとは逆に、中国の様にギャンブルを違法と明記している国もあります。この国においては、同国民が海外の合法国のカジノで遊んでも罪に問われる恐ろしい法律が定められています。

この様に、法律は各国によって千差万別で、世界のどこにいてもアクセスして遊ぶことができるオンラインカジノへの判断は難しいのが現状といえます。 日本では、パチンコ・スロット、競馬、オートレース、ボートレースなどの政府が認めた賭博以外に、賭博場を開く事が違法とされており、賭博に関する法律として「単純賭博罪」や「賭博開帳罪」があります。賭博場を開いた者の罪が「賭博開帳罪」で、参加していた者の罪が「単純賭博罪」です。

よくニュースになっている様に、賭博場の現場を押さえて、営業者と参加者の両方が居る事が立証となります。

これと同じで、店舗にパソコンを並べ、参加者にオンラインカジノを遊ばせた店舗運営者が、賭博開帳罪で摘発されたり、海外の企業を作ってオンラインカジノを運営していた大阪の企業が、運営の一部を大阪で行っていたとして、摘発された事例があります。実際に個人が海外のオンラインカジノをプレイして摘発された例としては、不起訴と罰金刑という結果があります。

About JOC

オンラインカジノを健全に楽しんでいただく為、
カジノを愛する日本人に厳選した情報を提供しています。

オンラインゲームの世界で今一番注目されているオンラインカジノ。日本ではカジノ法案が可決したものの、まだランドカジノが無いため、深く知られていませんが、世界的な視点で見ると、数千万人が楽しむサービスとして、株式上場企業が誕生するなど、社会から広く認められた経済事業となっています。

提供している企業側も、日本語を含め世界各国の言語に対応したサービスの開発予算を増やしており、日本人にも日本語での充実したサービス提供を行える様に日々進化し続けています。ランドカジノ同様にオンラインカジノも居住国の法律に則って遊べば、プレイヤーにとって最高のエンターテイメント以上の言葉は見当たりません。

当サイトは、合法国に居住の日本人プレイヤーの皆さんに、少しでも優良な情報を届けたいという一心で情報を提供しております。