ツラに張っている時はツラが切れて、ツラを切っている時はツラは伸びる。なんだこりゃww??

13: 2018/12/11(火) 03:26:26.93 ID:NeqI1Pyu
ツラに張っている時はツラが切れて
ツラを切っている時はツラは伸びる
これはギャンブラーのよくやる賭け方のバイアスにアルゴリズムが反応して
勝率調整が入るため。張り切りを繰り返すとタイが出やすくなる
よって、ネットカジノでは、ツラには張っても切っても駄目
テレコ・リャンコ・ニコイチのツラも同様
等倍マーチンにも反応するので
どうしてもやりたいなら、グランマーチンやダランベールを噛ませて
単調なダブルアップは避ける。これもギャンブラーのありがちな手だからカモにされる
まぁ自然確率でも確率の劣位で必ず負けるのだがネットカジノは追い込みがエグいからね
初撃で取れない時はフォローアップせずカバーに回った方が得策
ネットカジノは9回小玉で負けても1本太いのを取るタイプのギャンブラーを邪魔しない
それで勝てる人は天才だが。
ネットカジノがブロックするのはツラ狙いのダブルアップでむしってくるギャンブラーだけ
正攻法はルックを繰り返して狙ったハンドの平均勝率を51%以上とすること
そういう賭け方なら潰されない。そこまで潰したらネットカジノは競争で生き残れない
非常に面白いことにランダムな出目というのは
もし、すべてのハンドにフラットベットで賭け続けると
どんなに出鱈目に賭けようと、考えに考えて賭けようと
上級者が賭けても、下手糞が賭けても、長期的には必ず、同じ結果になる
だから上手い打ち手はルックするし掛け金に濃淡をつけるし勝ち逃げする
フラットベットで延々と打ち続けるのが100%間違いのない必敗法
必敗法の逆をやれば生き残れる。そこを押さえたらあとは勝率を51%以上にするだけ
正確に言うと期待値を101%にするだけ。それはちっとも難しくない
これを演繹すると、100万円の資金で毎日1万円勝ち続けるのは楽勝だが
1万円の資金で毎日1万円勝ち続けるのは至難の技
そもそも達成方式が180度違ってくるから、両者は全然違う博打道を歩むことになる。

16: 2018/12/11(火) 07:23:12.01 ID:WRKCd1Wd
>>13
>必敗法の逆をやれば生き残れる。そこを押さえたらあとは勝率を51%以上にするだけ
>正確に言うと期待値を101%にするだけ。それはちっとも難しくない

それができたら史上最高の天才でも不可能なことを可能にしたとしてノーベル賞モノだけどな
いや、もはや魔法レベルの夢物語だわ
それを簡単とかいう時点でおまえのおつむはお察しですわw

27: 2018/12/11(火) 13:10:18.43 ID:R5tIOd75
>>13
>ツラに張っている時はツラが切れて
>ツラを切っている時はツラが伸びる

お、おぅ。何百人もの人間が同じテーブルで賭けてるわけよ。中にはツラにマーチンしてる奴もいりゃツラ切りにマーチンしてる奴もいる。タイ本線で張ってるバカもいる。
それを同時に「賭け方のバイアスにアルゴリズムが反応して」負かすわけね。

14: 2018/12/11(火) 03:32:13.33 ID:uY54Mdn8
以上、食べ物が口の中に入ってウンコになる過程を詳しく解説していただきました

15: 2018/12/11(火) 04:23:17.40 ID:d/1nUmcD
くだらない酔っぱらいは二度と書き込むなよ!

 

元スレ:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/gamble/1544428723/


>> 大人気のカジ旅をお得にスタート <<

>> ベラジョンに登録するだけ30ドル <<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。