follow me

スロット概要

スリングショット・スタジオ社(Slingshot Studios)とマイクロゲーミング社(Microgaming)が提供するスロット「ZOMBIE HOARD(ゾンビ・ホード)」がリリースされた。 海外ドラマ「ウォーキング・デッド」や「カメラをとめるな」で話題のゾンビがテーマのスロットですが、登場するのは、どこか愛らしさ漂うカワイイゾンビ達。 低ラインでどんな爆発力を魅せてくれるのでしょうか。

スペックと特徴

登場絵柄は、ロゴマークのワイルド絵柄と、フリースピンボーナスへ進むスキャッター絵柄。 高位絵柄と中位絵柄に、ゾンビが2体ずつ。 低位絵柄に、数字5種類となっています。

発売日:2019年3月8日
リール:5列×3行
ベット額:0.09〜45(コイン数とサイズの組み合わせ)
コイン数:1〜20
コインサイズ:0.01〜0.25
ペイライン:9
ボラティリティ:MED
RTP:95.29%
マックスウィン:107500

脳みそを貯める。

ZOMBIE HOARDのボーナスイベントへの進み方は、スキャッター3つ表示と、脳みそを30個集めるという二通りの方法があります。 ゲーム開始時に、謎の箱から脳みそが飛び出し、右上の「フリースピン」と記載された場所に「5」貯まります。 残りの25個をプレイ中に集めると、フリースピンボーナスへ移行する事になります。 脳みそは以下の画像の様に、ランダムな絵柄に配置されています。

通常スピン時も、連続配置されたワイルド絵柄も頻繁に登場するので、ビッグウィンの獲得率も高めですが、やはり狙いは、ボーナスです。

フリースピンボーナス

見事に、スキャッター絵柄を3つ揃えるか、脳みそを30個まで貯めると、フリースピンボーナスの獲得です。 スキャッター絵柄の獲得で移行した場合のスピン回数は、その時点で獲得している脳みその数になります。

脳みそを貯める場合は、30個貯めた時点での獲得となるので、30回のスピンとなります。 回数的なメリットなども考えると、スキャッターで揃えるより、脳みそを貯めた方が良い結果になります。 ゲームタイトルの「HOARD=ため込む」の意味通りですね。

ボーナス中の配当は、全てマルチプライヤー2倍になります。

ただ、配当が2倍になるフリースピンというだけで、それ以外の追加特典は無いので、ショボい賞金で終わる場合もあります。 ボラティリティ設定がミディアムという事や、脳みそが割と効率よく貯まる事を考えると、数を回す安定機種という面が強そうなスロットと言えます。

遊べるオンラインカジノ

以下のカジノで、「ZOMBIE HOARD(ゾンビ・ホード)」が楽しめます。

カジ旅
シンプルカジノ
ベラジョンカジノ
インターカジノ
10Bet
カスモ
チェリーカジノ
ラッキーカジノ
ギャンボラ
ビットカジノ
カジノゴッズ
スロッティベガス
カジノシークレット
ラッキーニッキーカジノ
ビットスターズ
ハッピースター
ジャックポットシティカジノ
スピンパレスカジノ

※上記、Microgaming社導入カジノになります。
※各カジノの先行リリース及び、導入日時・導入採択に違いがある場合がございます。


ZOMBIE HOARDの評価
3.3 総合評価
3.7 ユーザー評価 (16 件)
期待値
ボーナス演出
爆発力
あなたの評価を教えてください!

ブラックジャック一筋のカジノプレイヤー「Mihawk」です。これまでの記録は、資金100シンガポールドルから、約12000シンガポールドルまで勝利した事。以降、マリーナ・ベイ・サンズが大好きで毎年必ずカジノ旅行をしています。

Published on Modified on

人気ランキング BEST5

新着
ハッピースター 
第1位
カジ旅    
第2位
ベラジョンカジノ
第3位
10Bet    
第4位
インターカジノ 
第5位
シンプルカジノ 

トレンドニュース